• 五十嵐義秀

約40年以上勘違いしていました。



先日、ペンを持ったまま飛んでいる虫を両手でパンッ!と叩いたつもりが、ペン先を手のひらに向けて叩いたようで、手のひらにペンが刺さりました。


少々血がでました。


そこでなぜか、「♪真っ赤~に流れる~僕の血潮(ちしお)~♪」と歌いました。


『そういえば、この「僕らはみんな生きている」って歌、小学校の時歌ったな~。でも、血潮(血潮)ってなんか生々しいな。「♪生き~ているから○○んだ~♪」の○○の部分が忘れやすいんだよね。」


と思って、歌詞を検索したら、何と、この歌のタイトルは「手のひらを太陽に」でした。


ちゃんと「手のひらを太陽に」と習ったはずですが、なぜ勝手にタイトルを変えたのでしょう?


長年の勘違いに気づいた日でした。それだけ。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示