• 五十嵐義秀

英語に関する質問は世界のどこかの誰かに聞こう!

更新日:2020年12月5日


学生さんや、知り合いに英語の先生がいれば、「先生」と言う方々に質問できます。

 先生方(私も含めて)も英語学習していれば、皆さんと同じように疑問が生じます。そのような時は、文法書(私の場合は、徹底例解ロイヤル英文法)やネット(外国のサイト)で調べます。それら方法でまあまあ解決できます。

 でも、それらを駆使しても、どうしても解決できないことがあります。そのような時はどうしましょう~。

 はい、正解はネイティブに聞きます。しか~し、夜遅くて無理、しかも今すぐ聞きたくてしょうがない!って時にはどうしましょ~。

 はい、正解はYoutube

 え~!って思います?

 私も最近まではそんな考えはありませんでした。Youtubeって言っても、誰かの動画にコメントして、返信を待っているのではありません。

Youtubeの「LIVE」を利用したことがありますか?多くの方が「LIVE: (生動画って言うの?)」を発信しています。

 その中で、「NASA(ずっと地球を映している)」や「JAZZ(ずっとジャズを流している)」をよく利用しますが、ここで、「チャット」ができて、世界の人たちがいろいろ言い合ってます。日本が夜中でも地球上のどこかで、誰かがチャットしています。

 通常、"Hi."とか、"Hello."から始めるのですが、その中で、英語の質問を入力します。

 画像の「YI」が私です。質問事項は黒くしてありますが、簡単に言えば、(jump out of +場所)と( jump out +場所)では、意味上何か違うのかという質問です。これに関しては、どこにも記述がなく、たまたま利用していたJazzのLIVEでのチャットで聞いてみました。

 そうしたら、「地球上の、どこかの、誰か」が赤線の部分のように返信してくれました。名前からして英語圏の方のようです。

結果、"jump out of"はイギリス英語、"jump out"はアメリカ英語だそうです。

 一発スッキリ解決!

 たったこれだけの結果ですが、専門家としたら気になったものは解決すべきです。

 英語を専攻したり、学習した英語を使ってみたい方は、Youtube等のチャットに参加してみてはいかがでしょう?

 決して完璧な英語である必要はありませんよ。どこの国の方か知りませんが、結構文法上、??な方もいらっしゃいますが、意味は分かります。コミュニケーションの場ですから、そんな事は関係ないのです。

 でも、きちんとチャットに投稿しても、それについてなかなか返答なかったりもします。そういうときは、、、だいたい夜遅いので、、、

 もう寝る。

#英語 #質問 #ネット #新潟

閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示