• 五十嵐義秀

「~歳になる」は未来の話だけど、"be going to be-" か "will be-"かって迷ったことある?

更新日:2020年12月12日


 今日は、7月25日です。暑かったですが、エアコンつけずに作業していたら、室内が31℃になっていました。思わずアイス食べました。

 

 ある大学生の生徒さん(A)が、今年12月で20歳になるそうです。「年取った気分。」と言っています。五十嵐はその倍ちょっと生きていますが、その五十嵐はどう言えば良いのでしょう。

 ある中学生の生徒さん(B)が、この8月で10歳になるそうです。「1ケタ増えたので年取った気分。」と言っています。4倍以上生きている五十嵐はどう言えば良いのでしょうか。

 私の話は無視して、Aさん、Bさんの「(未来の時点で)~の年齢になる」はどのように表せばよいでしょうか。

「未来の事なので、"will" か "be going to" でいいでしょ。」が皆さんの返答です。確かにそうです。

 でも、AさんとBさんでは、どちらかが相応しいと思います。

Aさんの場合、今は7月なので、「今年の12月は少々先の話」という感じが私にはあります。(人によっては「すぐ」という感じがあるかもですが)「少々先」という感じがあれば、

 One of my students will be 20 this year. と私は表現します。

 

 そして、Bさんの場合、「8月でもうすぐ」という感じです。この「もうすぐ」の場合は、

 One of my students is going to be 10 this August. と私は表現します。

 

「先の話:will」、「もうすぐ:be going to」といったところでしょうか。でも、人によって感覚が違うので、境目がはっきりしているわけではありません。

will, be going toは中学で学習するのですが、「~でしょう」と「するつもり」だけではないんです。上級の方も正確に使って頂きたいです。

 

 ちなみに天気の場合も、"It will rain."と"It is going to rain."では、聞き手のイメージが違います。

willだと「降るようだ」と確信はしていません。

 be going toだと「降るぞ」と確信しています。

未来を表す"will"と"be going to"、きちんと伝わるように使い分けましょう!

 

【お知らせ】


ブログでは「スクールの事」「休日行ったところ」「英語」「英文法」等いろいろと書いていますが、「英文法」でのアクセスが多いです。


以下のクリックすると「英語, 英文法」のみが一覧に表示されます。英文法系のみご覧になりたい方はクリックどうぞ。よくある文法解説動画ではなくて、生徒さん達が実際にその語彙、文法を使う際に不思議に思ったり、疑問に思ったことへ対応した内容です。


カテゴリー:【英語, 英文法】




YouTubeにもブログの紹介をしています。


お知らせでした。



#begoingto #will #違い #英語 #新潟 #塾

閲覧数:14回0件のコメント