• 五十嵐義秀

英語学習:分かる、使える、身につく、体に入り込む、全4段階

更新日:2020年12月12日


 私が帰宅するのは、夜中です。部屋にはテレビを置いていないので、ラジオをつけます。NHKで「ラジオ深夜便」という番組があり、夜11時頃から朝5時まで放送しています。

 ある日、その番組内で、ある女優さん(お話の途中から聞いたので、名前がちょっと分かりません)がセリフ覚えが悪いので人の何倍も読んだり、練習したり、暗記しようとしているそうです。

 そうして数多く行っていくうちに、「覚えた」を超えて、「体に入った感」を感じるそうです。

 この話になんとなく英語学習にも共通しているような気がしました。

 

 わたしも、正直言って器用な方ではありません。あることを身につけようとしたら、人の数倍以上やならければダメだということは十分知っています。

自分の中では、学習については以下のように分けています。

1、分かる→理解できただけ、知っているだけ

 2、使える→理解した情報を基に基本的な使用が可能

 3、身につく→考えながら、ある程度使用、応用が可能

 4、体に入り込む→無意識にでも使用、応用できる。

 指導者として、当然レベル4以上まで持っていく努力はしています。ですから、同じ本を何回も繰り返して学習しています。さらに、難しい事を身につけようとすると相当な時間を使います。

 しかし、続けているとその内、「何か体の中に入ったな。」という感じが確かにあります。無意識にでも使っているという感じです。

 生徒さんにレベル4まで行きなさい!とは言いませんが、決してレベル1(理解した、知っている)で満足していただきたくないと思っています。

上級検定試験、志望校受験で高得点を狙っているのであれば、最低でもレベル3までは到達できるよう頑張ってみてはいかがでしょうか。

 不器用な自分が何とかなっていますから、皆さんはもっと修得が早いはずです!

 

 このブログのアクセスが非常に多いので、追加で述べさせていただきます。

 検定試験対策、受験対策で、「このやり方でいいんだろうか?」と悩む方が多いと思います。

 私も学習、そして経営に関して、「正しい事をやっているんだろうか?」と思う事は多々あります。そのときこそ、自分に言い聞かせていることがあります。

自分が、「これが最善だ」と思ってやっていることを信じて一生懸命続ける。

 これを私は自分に言い聞かせています。みなさん(受験生・受検生)さんの場合は、通っている塾、先生、教材等を信じてとことん取り組むことですね。そして、それを行っている自分も信じる事です。

 うまく言いたいことは伝わったかな?

 

【お知らせ】


ブログでは「スクールの事」「休日行ったところ」「英語」「英文法」等いろいろと書いていますが、「英文法」でのアクセスが多いです。


以下のクリックすると「英語, 英文法」のみが一覧に表示されます。英文法系のみご覧になりたい方はクリックどうぞ。よくある文法解説動画ではなくて、生徒さん達が実際にその語彙、文法を使う際に不思議に思ったり、疑問に思ったことへ対応した内容です。


カテゴリー:【英語, 英文法】




YouTubeにもブログの紹介をしています。


お知らせでした。



#英語学習法 #英語勉強法 #英語 #受験勉強 #英検 #TOEIC #ラジオ深夜便

閲覧数:24回0件のコメント