• 五十嵐義秀

「ある男の子が黒板を消している。」を英語で言いたい。

更新日:2020年12月12日


 2019年度第2回英検一次試験の結果が皆さん届きましたね。もうすぐ二次試験です。恐らく一番大切なことは、、

「完璧な英語を話す必要はありませんから、シンプルに、知っている範囲の英語でハッキリと答えるようにしましょう。」

 以上が一番大切だと思います。思いついた日本語を話そうとすると、だいたいピタッと止まってしまいます。できれば、二次試験対策は一人ではなく、誰かに頼んで2人で実施するのがベストだと思います。

 

 さて、以前から「日本語をそのまま英語にすると誤解される」事はお伝えしました。いろいろ例をご紹介しましたが、今回は、英検二次試験の一つ、「絵の中の人物を描写する問題」で、、、

「ある男の子が、黒板を消している。」と言いたい時、そのまま英語にすると、

"A boy is erasing the blackboard." (erase: 消す)

 と言ってしまいます。何が言いたいかは分かってもらえますが、日本語自体良く考えると、ちょっと不思議です。

「・・・黒板を消している。」って黒板自体を消滅させようとしているようにも聞こえます。手品でも行うのでしょうか?

「黒板上の文字を消す」んですよね。ですから、正確には、

「・・・黒板に書かれた字を消している。」

「・・・黒板をきれいにしている。」

以上のように言うのでしょう。そして、英語では、

"A boy is cleaning the blackboard." (clean: 綺麗にする)

 というのが簡単ですね。もし、絵の人物を描写するときに、だれかが黒板を消していたら、先程の英文を使ってください。

 英検対策頑張ってください!

 

【お知らせ】


ブログでは「スクールの事」「休日行ったところ」「英語」「英文法」等いろいろと書いていますが、「英文法」でのアクセスが多いです。


以下のクリックすると「英語, 英文法」のみが一覧に表示されます。英文法系のみご覧になりたい方はクリックどうぞ。よくある文法解説動画ではなくて、生徒さん達が実際にその語彙、文法を使う際に不思議に思ったり、疑問に思ったことへ対応した内容です。


カテゴリー:【英語, 英文法】




YouTubeにもブログの紹介をしています。


お知らせでした。



#英語 #英検二次試験 #黒板を消している

閲覧数:265回0件のコメント