• 五十嵐義秀

IELTS(アイエルツ)の学習

更新日:2021年3月31日


オンラインでIELTS(Academic Module) のライティング対策を始めた方から下のような質問がありました。

 

🤔「テキストに高齢化を表す "age"という語が "ageing"となっていますが、"aging"のミススペルですよね?」


🤔「辞書を調べると ageing→agingとしか書いていないので、ミススペルのような感じに見えますけど。」

 

ブリティッシュ イングリッシュなので、少々不思議に見えますね。


"ageing"を私の所有している辞書複数を使って調べると


  • (英)→ aging

  • a British spelling of aging

  等の表記でブリティッシュ イングリッシュではこのように書くと表記されてます。

 

IELTSは、ケンブリッジ大学英語検定機構ブリティッシュ・カウンシル(英国文化振興会)が作成するので、テキスト等で使用されるスペルや語彙はブリティッシュ イングリッシュになっていることがあります。

 

その生徒さんのテキストをさっと見てみたら、"knock-on effect"と言う語もあり、"knock-on"もブリティッシュイングリッシュで使われた場合、意味が少々変わる場合があります。


複数の辞書で調べると以下のように書いてあります。(簡単に書きます)


辞書1:"knock-on":ノックオンすること 


辞書2:"knock-on":連鎖的な(英)


辞書3:"knock-on":(British English)have a knock-on effect: to start a process in which everything that happens causes something else to happen


辞書4:"knock-on":[British] If there is a knock-on effect, one action or event causes several other events to happen one after the other.

 

IELTSの学習はもちろん、英語上級の方々へはブリティッシュ イングリッシュにも慣れてくださいとお伝えしています。


よって、辞書も複数利用して意味だけではなく用法も調べ、そして国よって意味が変わったりする語にも注目していただくと、より深い学習ができます。

 

【お知らせ】


ブログでは「スクールの事」「休日行ったところ」「英語」「英文法」等いろいろと書いていますが、「英文法」でのアクセスが多いです。


以下のクリックすると「英語, 英文法」のみが一覧に表示されます。英文法系のみご覧になりたい方はクリックどうぞ。よくある文法解説動画ではなくて、生徒さん達が実際にその語彙、文法を使う際に不思議に思ったり、疑問に思ったことへ対応した内容です。


カテゴリー:【英語, 英文法】




YouTubeにもブログの紹介をしています。


お知らせでした。


#IELTS #ブリティッシュイングリッシュ


閲覧数:27回0件のコメント