• 五十嵐義秀

TOEIC リスニング




TOEIC、英検、試験実施が延期になったり、中止になったりと今年度は各団体も大変です。


先に延びた試験実施でも、「勉強まだいいや~。」気分にならないで、準備はしっかりとしておきましょう。

 

本校の英検対策、TOEIC対策は、主にリーディングセクションを行います。


リスニングについては、おすすめテキストや学習方法はお伝えしていますが、基本的に個人でできる内容だと思っています。


ただ、国内で販売されているリスニング対策教材についていえば、かなりクリアで(多少お国訛り等はありますが)話し、スピードもやや遅いです。

 

リスニング力を教材を使って伸ばすのであれば、できれば、


通常のスピードで話される速めの英語

 (このスピードに慣れれば、資格検定の音源がゆっくりに聞こえる)


・雑音等が混ざって聞き取りにくい英語

 (このような環境でも聞き取れるなら、資格検定の音源が非常にクリアに聞こえる)


・話されている内容のスクリプトが付いてこない

 (意地でも聞き取ろうとして、いやでも何回も聞くことになる)


このようなテキストがあればよいのですが、そんな教材はないかもしれません。

 

私の場合、このような状況に近づけるために、


①音源CDの再生スピードを上げる

(パソコンのソフト、又は、語学学習専用CDプレーヤーなら可能)


②インタビュー、レクチャー等の通常スピードで話す英語を聞くようにする。


③音源スクリプトを見ないで、何回も聞いてみる。そして最終的にどうしても聞き取れないところだけスクリプトをみる。



以上が私の行っていた方法です。みなさんも自分に合った学習方法を見つけてみましょう!

 

ところで、TOEICの教材の写真描写問題、写真が結構古めかしいものが多いような気がする。






閲覧数:9回0件のコメント