• 五十嵐義秀

ザ "the"を使って、ライティングをかっこよくしましょう! 「the+形容詞」と「the+名詞単数」の話

更新日:2020年12月12日


 猛暑が続いています。教室は風通しが良く、入口ドアと教室の窓を開けると、結構な風が通るのですが、午後2時から夕方辺りまで熱風が通過するようになり、作業が苦しくなります。その時間帯はやっぱりクーラーを使います。

 さて、今回は前回の続きで、"the"の話です。基本的な話を前回しました。「theの使い方」等の検索でお越しの方は、まずは前回のブログをご下さい。

ライティングで、「~な人々(人)」「~な事」と書くことは多いと思いますが、「~people」や「~thing」を、より文語的に書き換えてみましょう。難しい話をしそうですが、中学英語教科書でも使用されている表現方法です。ライティングに使ってみてください。

 

「形容詞な人々」= "形容詞+people" = "the+形容詞" で表せます。ですから、、

「若者(若い人々)」= "young people" = "the young"

ex: The young are generally attracted by magnanimous ideas.

その他、例として本や映画のタイトルでも、

"The Accused Is Innocent"

"The Accused"

というものがあります。accused の後には、人を表す言葉はありませんが、the accusedで人を表しているんですね。

 

「形容詞な」= "形容詞+thing" = "the+形容詞" で表せます。ですから、、

「予期しない」= "an unexpected thing" = "the unexpected"

ex: The unexpected happened to me.

こちらも、その他の例として、これまた本のタイトルであります。

"The Wonderful Happens"

wonderful の後には、事を表す言葉はありませんが、the wonderfulで事を表しているんですね。

 

 また、「名詞(複数形)」= "the+名詞(単数)" = 「名詞というものは」にもなります。これだけの説明では「なんじゃ、それ?」となってしまうので、例を挙げます。

「トラ(というもの)は、ネコ(というもの)より大きい。」を英語で書くと、一般的には、、

 "Tigers are larger than cats." と書くと思います。先程の説明に沿って変換させると、、

tigers=the tiger

cats=the cat

と表せますから、先ほどの英文は、、

Tigers are larger than cats. から

The tiger is larger than the cat. へ書換え可能です。

「the+名詞単数」の方が文語的ですので、中学教科書にも使われるんですね。中学生にここまで説明はしませんが。

 theの使い方は他にもありますが、今回でとりあえず終了! ここまで読んだ方、ご苦労さまでした。アイスでも食べて脳をリラックスさせましょう。

 

【お知らせ】


ブログでは「スクールの事」「休日行ったところ」「英語」「英文法」等いろいろと書いていますが、「英文法」でのアクセスが多いです。


以下のクリックすると「英語, 英文法」のみが一覧に表示されます。英文法系のみご覧になりたい方はクリックどうぞ。よくある文法解説動画ではなくて、生徒さん達が実際にその語彙、文法を使う際に不思議に思ったり、疑問に思ったことへ対応した内容です。


カテゴリー:【英語, 英文法】




YouTubeにもブログの紹介をしています。


お知らせでした。



#英語 #the #theの使い方 #the形容詞 #新潟 #塾

閲覧数:54回0件のコメント