• 五十嵐義秀

雲(cloud)は不可算名詞、何を境に(clouds)になるのか?

更新日:2020年12月12日


 昨日日曜日は雲が多かったですが、一応晴れでした。バイクのタイヤがツルツルになったので、お店へ交換に行ってきました。

 遠くへ行く気がなかったので、近くの海岸線を走って、海の見えるファミマで缶コーヒー片手にボーッとしていました。雲が見えました。

 薄い雲に混じってモクモクの雲のかたまりがありました。実際はもっと泡か生クリームみたいに見えました。ステージ上のドライアイスにも見える?

雲 (cloud)は不可算名詞です。なのに、旅行の写真等で雲の話をするときには、”clouds"と言っています。

 以前のブログに「"candy"は不可算なのに何で"candies"というか」に触れました。飴の種類を言う時には複数形になるんでしたね。

 それで、積乱雲(せきらんうん)、乱層雲(らんそううん)、巻雲(けんうん)、層積雲(そうせきうん)・・・など、雲の種類を言う時には、a cloud /clouds になるのは理解ができます。

 しか~し、一般の人が写真を撮ったり、空をみて、

「今日は積乱雲がいっぱいだな。」

「○○に旅行にいったら、乱層雲がたくさんだったね。」

「あ~、今日は巻雲と層積雲が見えるね。」

 何て雲の種類の事を言わないでしょ!ていうか、知らないでしょ?じゃ、何で"a lot of clouds in the sky"と言っているのか?

 辞書を見てもハッキリと書いていないし、よくわかりません。

 ネットで"cloud"と言う単語の使い方については、英語で語られていました。個人差があると思いますが、雲の様子で言い分けている感じがします。

 たとえば、今日の新潟市の雲、境目がなく、フワーッと広範囲にひろがっているような雲は「不可算」のようです。

"I see cloud."

 そして、下のような覆い尽くしているけれど、境目が見える場合、「可算:複数」

"I see clouds."

 分かりやすいのは、下のような孤立した雲「可算:単数」

"I see a cloud."

 さきほどの雲のように境目が分かり、いくつかある場合「可算:複数」

"I see clouds."

 以上のような感じです。これは、あるサイトで複数人が英語で語っていた内容から取ったもので、他のサイトでは出てきませんでした。ということで、最初の海岸線のモクモクの雲は、、、当然、"clouds"

この"cloud"ですが、名詞、動詞で、「暗い兆し」を表すことができます。日本語と同じですね。

 

 先程の雲の種類の一つ、「層積雲(そうせきうん)」ですが、パソコンに「そうせきうん」で変換したら、「漱石運」となりました。少しは考えてほしい。

 

【お知らせ】


ブログでは「スクールの事」「休日行ったところ」「英語」「英文法」等いろいろと書いていますが、「英文法」でのアクセスが多いです。


以下のクリックすると「英語, 英文法」のみが一覧に表示されます。英文法系のみご覧になりたい方はクリックどうぞ。よくある文法解説動画ではなくて、生徒さん達が実際にその語彙、文法を使う際に不思議に思ったり、疑問に思ったことへ対応した内容です。


カテゴリー:【英語, 英文法】




YouTubeにもブログの紹介をしています。


お知らせでした。



#英語 #雲 #cloudclouds #可算名詞 #不可算名詞

閲覧数:2,230回0件のコメント

最新記事

すべて表示