• 五十嵐義秀

classic とclassical: クラシックとクラシカル

更新日:2021年1月7日



英文エッセイの提出時に添削したら質問がありました。カタカナ表記で英語らしいのでそのまま使ってOKではないものがいくつかありますが、その中の一つ、、「クラシック音楽」


 


「クラシック音楽」は正確には「クラシカル音楽」です。辞書を見てみました。


クラシック "classic": 古典の、一流の、最高水準の、典雅な・・・その他意味不明な説明

クラシカル "classical": 古典の、人文的な、一般教養的な、古典主義の・・・他、いっぱい説明


結局は「超古い、古典的な」なので、同じ意味でしょ?となってしまうようです。



 


こう言い換えたらスッキリするかも、、、


クラシック "classic": 古いものだけど、何か素敵ですよね~的なもの

クラシカル "classical": 歴史があり、伝統的、芸術的ですよね~的なもの


以上で分けると、

「クラシック音楽」は歴史があり、芸術であるため、"classical music"。

「クラシック・ギター」という楽器がありますが、こちらも "classical guitars"

「クラシック・バレエ」という表現もありますが、正確には "classical ballet"

以上、「クラシカル」を用います。


 


「クラシック・カー: classic cars はそのままでOKです。なぜかというと、「古いけど、素敵な車ですよね。」って感じですから。また、ある映画で1950年代のテレビ番組を見るシーンがあって、「古いけどいいよね」的であるため、50年代の番組を "classic programs" で表していました。


classic/classical の違いすっきりしました?

どうでもいいけど、辞書の表記の仕方、説明の仕方に一部問題あると思います。わかんないもんね。


画像は、エルガー:行進曲「威風堂々」のレコードジャケットです。長年聞いているクラシカル音楽の中の一つです。

 

お知らせ


ブログでは「スクールの事」「休日行ったところ」「英語」「英文法」等いろいろと書いていますが、「英文法」でのアクセスが多いです。


以下のクリックすると「英語, 英文法」のみが一覧に表示されます。英文法系のみご覧になりたい方はクリックどうぞ。よくある文法解説動画ではなくて、生徒さん達が実際にその語彙、文法を使う際に不思議に思ったり、疑問に思ったことへ対応した内容です。


カテゴリー:【英語, 英文法】




YouTubeにもブログの紹介をしています。


お知らせでした。


#classicとclassical

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示