• 五十嵐義秀

見るは、"see"か"look at"か"watch"か

更新日:2020年12月12日


昨日、新中2の生徒さんから質問がありました。実力テストで、「あの山がみえますか。」を英文にする問題があったそうです。そして、その生徒さんは静止している山を見るので、"look at" を使い、Do you look at that mountain?と書いて×をもらってしまい、「何で?」となったそうです。電話で説明したら(岐阜の生徒さんなので)、「何て?」となってしまったので、絵をメールで送り再度説明しました。

 "watch"は「動いているもの、これから動くものを(じっと)見る。

 "look at"は「静止しているものを(じっと)見る。」

 "see"は「見える、見かける、自然に目に入ってくる」

そういった違いがあります。ですから、先ほどの問題は山は静止していますが、"Do you see that mountain?"が正解。

 昔、テレビでアメリカ人が体操をする番組がありました。

そこでは、自分の今日の衣装のコーディネートを見てほしい時は、その人は殆どじっとしているので、"Look at me!"と言って衣装を自慢します。

 そして、その後の体操する自分を見てほしい時は当然動くので、"Watch me!"となります。

動いたり、静止したりできるものに"Look at", "Watch"は両方使えますが、「あの山を見て!」と言いたい時に"Watch that mountain!"と言うと、聞き手はこれから山が移動したりするのかと興味津々となってしまいます。

 

【お知らせ】


ブログでは「スクールの事」「休日行ったところ」「英語」「英文法」等いろいろと書いていますが、「英文法」でのアクセスが多いです。


以下のクリックすると「英語, 英文法」のみが一覧に表示されます。英文法系のみご覧になりたい方はクリックどうぞ。よくある文法解説動画ではなくて、生徒さん達が実際にその語彙、文法を使う際に不思議に思ったり、疑問に思ったことへ対応した内容です。


カテゴリー:【英語, 英文法】




YouTubeにもブログの紹介をしています。


お知らせでした。



#see #watch #lookat #英語 #新潟 #違い

閲覧数:104回0件のコメント